成長ホルモンは、睡眠中や運動などによって分泌されるものですが、食事によっても分泌量に影響があることがわかっています。

もちろんバランスの良い食事、規則正しい食生活を送ることが、人間の成長には必要不可欠ですが、意識して成長ホルモンの分泌量を増やすことも可能だということです。

このアルギニンを多く含んだ食材を摂取することで、分泌量が増やすことができるというわけなのです。そして、食事に関して別のポイントを挙げるとするならば、それはお腹が空いてから食事を摂るということです。

その状態で食べ物を摂取すると、胃壁が刺激されてグレリンという物質が分泌されます。このことから、食事はお腹がへってから食べるようにすることが重要なポイントだと考えられるのです。

関連ページ