1週間~2週間でダイエットの効果を出すコツや方法そしてデメリットとは?

1週間~2週間でダイエットをしたい!どうしても後何キロやせたい!というのはよくあることと言えます。
こういったときに出来るダイエットの方法はある程度限られており、いわば置き換えダイエットのようなものや、断食のようなダイエットになると思います。
「脂肪燃焼スープダイエット」脂肪燃焼スープをたべるだけという方法になりますが、ルールとして決まっていることは3つあります。
1週間はつづける、夕食前に1皿は最低たべる、そしてお腹いっぱいになるまで食べても良い。
こういった条件を守る事が重要となります。
基本の食事として、「朝:脂肪燃焼ジュース」「昼:脂肪燃焼スープ+ゆで野菜」「夜:スープ+リンゴorイモ類」となります。
5日目からトマトやベーコン、牛肉などを徐々に増やしていくものになります。
この脂肪燃焼スープの効果は、デトックス効果とともに免疫力、代謝のアップを見込む事ができ、脂肪の燃焼を同時に行ういわば体質改善スープなのです。
「ヨーグルトプチ断食」一週間弱という日程ででき、ミネラルや、各種栄養素を摂る事で、筋肉を保持し、リバウンドを防ぎながら毒素を出してくれる方法になります。
1日目の夕方は軽めの食事をとり、次の日はヨーグルト100gと豆乳を200ml~400ml摂取します。
4日目は朝だけおかゆにし、お昼から通常通りの食事に戻して大丈夫です。
腸内環境を整えたい人にお勧めになります。
また、条件を理解して取り組まないと筋肉だけおちて、後にリバウンドをするという事にもなりかねません。
無理な方法は選ばず、そして選んだものはやり遂げるという決意を持つという事になります。