住宅ローン審査甘いって本当?不安なときには?

住宅ローンに限らず、審査されるということは結果が出るまでドキドキしたり不安になるものですね。
審査内容が事前に分かっていれば、「これとこれは大丈夫」というように、ある程度は自己診断で評価できるのですが、住宅ローンの審査項目は一般には公開されていませんから不安になるのは当然です。
では、ここで国土交通省が実施している「民間住宅ローンの実態に関する調査」を基に住宅ローン審査の項目を分析してみましょう。
多い順から並べてみますと、完済時年齢、返済負担率、借入時年齢、担保評価、勤続年数、健康状態、年収、融資可能額(融資率)、連帯保証などの項目が90%を超えています。
意外な事に雇用形態は86%、雇用先の規模は33,7%と低いので、勤続年数がいかに重要視されているのかがわかります。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】